第一回 東南アジアひとり旅 カンボジア;シェムリアップ1 January 2018


ドメイン移行中
2019年4月更新


2018-1
ルートは、日本(那覇トランジット)→バンコク→バス→シェムリアップ(今ここ)→バス→ホーチミン→マニラ(トランジット)→帰国予定


シェムリアップの日本人向けツアーは、シティプレミアム、クロマーヤマト、タケオゲストハウス等に掲示板があり、そこに名前を書き込んで参加します。
この3つのゲストハウスは、どこも近くて歩いて行ける距離なので、それぞれの掲示板を見て申し込むといいと思います。

主夫の理学療法士
2019年3月、クロマーヤマトは他所に経営譲渡したものの違法行為があり営業停止、タケオゲストハウスは閉業。
なので、日本人だけでツアーを募るなら、シティプレミアム高知家がいいかと思います。
宿泊しなくても掲示板のみの利用もできます。
個人的には、どこにでも自由に行けるレンタルバイクをお勧めします。
料金相場は一日レンタルでUSD8〜10くらい。デポジットでパスポートが必要


クロマーヤマトの掲示板でカンボジア2番目の世界遺産プレアヴィヒア(Preah Vihear)行きのツアーがあったので、それに参加しました。
主夫の理学療法士

当日の朝、ヤマトさんに集合。
ご飯食べてなかったので、ここで朝食。
で、一台の車を貸し切って北方の国境付近にあるプレアヴィヒア(Preah Vihear)へ向かいます。
値段は、車一台でだいたいUSD100前後。これを参加人数で割ってシェアします。
安く行こうと思うなら、レンタルバイクに二人乗りが一番安いです。
給油夜間の運転にはご注意を。それと、雨カッパを忘れずに。
もしくは、ローカルバスでこの近辺に行って、ここで一泊するのも面白いと思います。

車で3時間ほどで、休憩所に到着。
ここでプレアヴィヒア入場券を買います。
チケットは、一日USD10で、アンコールパスとは別になっています。
主夫の理学療法士

トイレはここにありますが、トイレットペーパーなし。
流す時は、桶で水を汲んで流します。
ドアが壊れてたり、鍵がかからずに石でドアを閉めたりと、まあワイルドです。
※トイレットペーパーは必ず持参しておきましょう。

そこから4WD車に乗り換えて、傾斜の激しい坂道をグングン上っていきます。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士
※車は結構揺れるので、持ち物を落とさないように注意。
途中で、先ほど購入したチケットを提示します。

入口付近
主夫の理学療法士

数年前まで、この遺跡を巡って、タイとカンボジアで戦争をしていたそうです。
原因は、ユネスコがこの国境の遺跡をカンボジア側に登録したからだとか。
(例えば、尖閣諸島をユネスコが中国の島と認定した場合、日本側はそこは自分達の領土だと言って反発するでしょ??)
でも今は停戦状態という話しでした。

あちこちに、塹壕があります。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

この階段を降りて行くと、タイとの国境があります。
主夫の理学療法士

タイとカンボジアの国境。
主夫の理学療法士
昔は、タイからプレアヴィヒアへ入国できていたそうですが、現在はこのように鉄条網で閉鎖されています。
タイ側から行った方が、道路も整備されていて便利だったとか。

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

一応、階段の下でも飲み物売ってます。
主夫の理学療法士

階段を降りたはいいものの、上って行くのがきついし暑い。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

※日差しがかなり強いので、女性は帽子と日焼け止め必須ですよ。
主夫の理学療法士

さらに頑張って階段を上り終えると、このような建物があります。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

観光客はめっちゃ少なくて、地元の人が礼拝に来ていた。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

地元の子供。目がキラキラしてて可愛い。
主夫の理学療法士

猿もいた。
主夫の理学療法士
バッタンバンやパイリンでも同じだったんだけど、カンボジアの猿は頭の毛が逆立ってる。
そういう種類なのかな?

もう少し歩いて行くと、あった!ガイドブックに載っている崖が!!
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士
まさに絶景。

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士
今回は、乾季で砂煙が多いのと、野焼きの煙のせいで、空が曇って見えるとのこと。
雨季の晴れ間に来ると、とてつもなく青い空が見えるそうです。


ちなみにカンボジア3番目の世界遺産は、サンボープレイクック(Prasat Sambor)です。
場所は、シェムリアップとプノンペンの中間辺り。
車を1台貸し切るとUSD120〜130くらいで高いので、2018年5月にレンタルバイクで行って来ました。
入場料は、2018年6月からUSD10に値上がりしています。それまでは、USD3でした。
自分たちは、地元民と思われたようで無料で入れました(笑)
主夫の理学療法士

後日、ブログで紹介する予定なので動画だけ載せておきます。


帰り道、寂れた遊園地みたいなのがあった。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士
真ん中に見えるのは、小さな小さな観覧車でした。
バッタンバンでも似たのを見た。


翌朝のアンコールワットで日の出&アンコールトムの小回りツアーに参加するために、閉店ギリギリでアンコールパスを入手。
値段は、1日券でUSD37と高い。
主夫の理学療法士
他に、3日券USD62(有効期限は、購入日から1週間以内で任意の3日間)、7日券USD72(有効期限は、購入日から1ヵ月以内で任意の7日間)もありました。
どれも、最近、値上がりしたようですね。。。
これがあれば、アンコールワット、アンコールトムの他、バンテイアスレイなどにも入れるそうです。
※プレアヴィヒア、ベンメリアはアンコールチケットは必要なく、別料金が必要。
※※アンコールワット、アンコールトムへは、バイクでの入場ができない時があるようです。
自転車とトゥクトゥクはOK。
チケットを購入する時に「スマイルと言われ写真を撮られます(笑)

以前はチケットセンターは、アンコールワットのすぐ近くにあったらしいのですが、遺跡保護のために現在は全く違う場所に移っています。
購入場所は、アンコール エンタープライズ(Angkor Enterprise)で、シェムリアップ中心部から意外と遠いです。
主夫の理学療法士


夜は、日本人の皆さんと、パブストリートへ食事に。
ビールがめっちゃ安くて、1杯USD0.5。
お店のスタッフに聞けば、ほとんどどこでもフリーWi-Fiがあるので便利。

その後、オールドマーケットを少し散歩して帰りました。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です