ひとり旅 ベトナム;ホーチミン① 2018年1月


2019年11月更新


2018-1
ルートは、日本(那覇トランジット)→バンコク→バス→シェムリアップ→バス→ホーチミン(今ここ)→マニラ(トランジット)→帰国予定


10:00頃起床。
どうやら、私のドミトリー部屋は欧米人カップルが多いみたい。
3組くらいいた。

朝食無料だったので、食べてみました。
美味い!
ベトナムのパンとコーヒーは美味いと聞いていましたが、その通りでした。
日本で食べているフランスパンは何なんだと言いたくなる。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

昨夜の喧騒が嘘のように静かな昼間の宿周辺。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

その後、ホーチミンでは特に目的もないので、クチトンネルツアーにでも参加してAK47(カラシニコフ)を試射してみようかと思いTNKトラベルさんへ。
ここは日本語は通じるのでとても助かります。
無料マップをもらったついでに、レートの良い両替所とホーチミンの治安について聞いてみました。
・両替は、この辺ならTNKトラベルさんのすぐ近くが良いとのこと(2~3店あるので一番レートの良い所にしましょう)。
遠くてもいいなら、ドンコイ(Ðông Khòi)通りのExchange 59という所が、おそらく最もレートがいいらしいです。
・「治安が悪いところはありますか?」と質問したら、何と自分が泊っているバックバッカー街がスリやひったくりが一番多いとか。
さすが世界三大バックパッカー街の一つ(笑)
・本題のクチトンネルツアーについて聞いてみると、AK47の試射が値上がりしたらしくて、10発でUSD30になったとか。
貧乏旅行なので、それを聞いただけで気が萎えてしまいました。


特に行きたい所もないので、とりあえず賑やかそうなチャイナタウン方面へ。
ブイビエン通りと比べてチャイナタウンやマッサージも安いし、レートの良い両替所も多い気がします。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

ベトナムでは、ホンダとヤマハが主流らしい。
バイクのことをホンダと言う人もいるみたいですね。
途中で、お腹が空いたのでレストランへ行きました。
中ではパーティーをしているようで、私が案内されたのはVIPルーム。
しかも、その部屋でずっと若い女性スタッフと一緒です。
システムがよくわからないので、炒飯らしき物を注文しましたが、英語も日本語も全く通じない。
主夫の理学療法士

指さしベトナム語会話という本を持ってたので、何とかそれで注文。
食事をしている間、その女性と個室で二人っきりでした(笑)
ご飯食べてる間、ずっとこっちを見ながらニコニコしてて緊張した。
値段は適正価格だったので良かった。
ベトナムでは、指差し会話帳が必須だなと痛感。
日本では日本語しか通じないように、ベトナムではベトナム語しか通じない。

 

その後、チャイナタウンらしき所に到着。
この辺は、金(GOLD)の店が多い。
カフェがあったので注文してみると、こんなのが出てきた。
飲み方がわからないのでジェスチャーで聞いてたら、目の前で交通事故!
主夫の理学療法士

(飲み方は、銀色の容器に入っているコーヒーが全てグラスに出てしまってから、蓋を皿替わりにして銀色の容器を置きます。そして、砂糖やミルクをどっぷりと入れて飲むのがベトナム風らしいです。)
これお土産にいくつか買って帰りました。

バイクとバイクの事故でしたが、幸いどちらも軽い怪我ですんだようでした。
私「よく交通事故はあるの?」と日本語で聞いたら、女性スタッフ「いつものことよ」みたいな返答。


面白そうなところはないかなと思って地図を見てたら、ウォーターパークという所があるようなので行ってみました。
主夫の理学療法士

しかし、何も発見できず。
しょうがないので、もっと南下してみました。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

川を渡ると雰囲気が全然違う。
高層ビルがなくてバラック小屋も多くて下町みたいな感じ。
この辺りは、8区らしいです。

暑くて歩き疲れたので、ここでもカフェへ行きアイスコーヒーを飲みました。
ベトナムではコーヒーと一緒にお茶みたいなのも一緒に出るみたい。
TVでは、ジャッキーチェンの映画(プロジェクトA)をやってました。

しばし休憩して帰ろうとしたら雨が降ってきた( ゚Д゚)
でも、8区はタクシーが走ってない。。。
カフェの女性スタッフに傘を売ってる所がないか聞いたら、地図を書いて教えてくれました。
自分が道を間違わないか、店先から様子を見てくれてます。
傘屋さんに着いたら、雨も上がった。
まだカフェの店先から様子を見てくれてる女性スタッフ。
大丈夫だよと手を振ったら、笑顔で手を振り返してくれました。
めっちゃ優しい!!

で、またチャイナタウン辺りに着いたら、本格的なスコールでとても歩いて帰れない。
道端にいた警察にタクシーに乗りたいと言ったら、不動産屋さんを紹介してくれました。
その不動産屋さん、日本企業と一緒にビルの建築をしているらしくて、日本をとても好きだとか。
色んなビルのカタログを見せてくれました。
タクシーも手配してくれて、無事に宿に戻れました。
私が泊っている1区よりも、8区などのローカルな所の方が親切で、人も擦れてない感じでした。


シャワーを浴び終わった頃、雨も止みフォー24という所で晩御飯を食べに出発。
歩いたらかなり遠かった。
途中でナイトマーケットがあった。
主夫の理学療法士

フォー24
ここも美味しい!
ベトナムの食事、薄味で素材の味を大事にしている感じ。
もちろん、野菜は唐辛子が入ってないか確認した上で全部入れて食べます。
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士
ここのスタッフは、簡単な英語が話せて「また明日も来てね」と言われました(笑)

帰りは、疲労のため、さすがにタクシーに乗りましたが、遠回りされました。
グーグルマップを見せながら、「道が違う」と言ったら元のルートに戻ってくれた。

宿に着いて、周辺を散歩してたら、ポン引きの男性に女を買っていけとしつこく絡まれました。
でも、その男性は英語が話せるし結構面白くて、コンビニでビールを買って、道端で一緒に飲んでました。
主夫の理学療法士
コンビニの中で、いきなり女性に声をかけられ、一緒に写真を撮ってくれと言われました(笑)

ポン引き「ベトナムは初めてか?」
私「そうだよ」
ポン引き「タクシーには気をつけろよ。特に白いタクシーには。」
私「さっき遠回りされたよ」
ポン引き「そうだろ。悪い奴は多いぞ。」

夜も更けてきたので宿に帰って、部屋を開けたらびっくり!
欧米人の女性がバスタオル一枚を身体にまいた状態で部屋にいた。
欧米人はシャワーを浴びる時、男性はパンツ一枚、女性はバスタオル一枚が標準みたいですね。
あまりに大胆だったので、何と話したらいいのかわからず、すぐにベッドのカーテンを閉めました。
ドキドキしながら就寝。

歩き過ぎて疲れた~。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です