第一回 東南アジアひとり旅 タイ:バンコク1 January 2018


ドメイン移行中

2019年4月更新


2018-1

ルートは、日本(那覇トランジット)→バンコク(今ここ)→バス→シェムリアップ(アンコールワット)→バス→ホーチミン→マニラ(トランジット)→帰国予定


昼間のカオサン通りは、人もそこまで多くなく騒がしくない。

主夫の理学療法士

トイレは交番の隣にあります。
(日本以外は基本トイレットペーパーはないと思った方がいいです

入口で係員にトイレ利用料を支払います。

外国では、日本と違ってコンビニにトイレはありません。
ですので私の場合、トイレを利用したい時は、高級ホテルかスーパー、マックなどで借りてました。
トイレットペーパーもついてるしね(笑)


疲れてたのでフットマッサージへ。

カオサン通りのマッサージの相場は、1時間Thb250くらいから。

主夫の理学療法士

疲れてたので、スタミナドリンク購入。
こちらコンビニ価格でThb10くらいから。

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士


夕方からは、チャトゥチャック市場へ。

※2018年12月〜2019年3月、屋台がほぼなくなっており、市場自体も閉まっているところが多かった。
ラチャダー市場はめっちゃ賑わっていた。

途中、ネタのためにトゥクトゥク乗ってみました。
風を感じれて結構楽しいけど、割高
コスパ的には、普通にタクシー乗ったが安いね。
自分もそうだったけれど、初めてバンコクに行く人は、値段の相場がわからないと思う。

主夫の理学療法士f


さて、市場があるモーチット駅に到着したわけですが、人混みがすごい。
ドンムアン空港行きのバスは、ここから乗れます。
標識通りに進んで行くと係員がいるバス停に行ける。ドンムアン空港行きバスはA1でThb30だったと思う。
※モノレール(BTS)の工事が進んでいて、近々モノレールでモーチット駅からドンムアン空港まで行けるようになるらしい。
さらにスワンナプームとドンムアンも繋がるんだとか。

主夫の理学療法士

この人混み、まるで台北の士林夜市を感じさせます。

駅から人の流れに乗って出て来たら、公園に出て来てた。

主夫の理学療法士

その公園も家族でピクニックしてたり、おそらく市場に向かってるであろう人達でいっぱい。
この公園の池にパンなどを放り入れると大きなナマズがわんさか寄ってきます(笑)


ウロウロしてる内に市場らしき所に出て来たけど、もうシャッター閉め始めてる店もあるけど、屋台は増えてきてて、昼と夜の入れ替わりかな?

面白い(^ ^)

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

ワニの剥製。本物だそうです。

後日、ホーチミンでも同じの見た。

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

この揚げたてのチキン1ピース10バーツ。

美味かった~。

結構、お客さん並んでた。

主夫の理学療法士

暑いとこの屋台の寿司は食べきれなかった。。
2018年5月にエカマイ駅のレストランで食べてみたところ、米は餅米で意外と美味しかった!


餅米で忘れてはいけないのが、この“Mango with sticky rice”
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

主夫の理学療法士
最初はマンゴーとご飯の組み合わせが美味しいわけないと拒絶していましたが、旅先で知り合ったフランスの女性から「You must try it!」と熱烈に勧められたので食べました。
まさに「Ce bon」でした!!!!
おはぎの餅米に、たっぷりとココナッツミルクがかかっており、マンゴーの甘みを余計に引き立てていて、タイでの最高のフルーツでした。タイ版のジューシーなおはぎと言ったところでしょうか。
値段はThb40〜100くらいでピンキリです。


主夫の理学療法士

オレンジジュース果肉入り
買おうかどうか迷ってたら、となりの欧米人が先に注文。
美味いか聞いたら「あまり甘くないから、お前にはオススメしないぜ」だって。
そう言われたら、飲みたくなって買った。
飲んでみたら、欧米人に「どうだ?」って聞かれた。
まぁまぁいけるって返事したら、「そうか」と言われ肩をポンと叩かれました(笑)

 

ただ、ここ広すぎて元の場所に戻って来れない

主夫の理学療法士

確か、この近くの北バスターミナルから、シェムリアップ行きのバスが出てたはずだから、場所の確認をしようと思って何人かに尋ねるも、全く言葉が通じない

諦めてバイタクでカオサン通りまで帰ろうと思ったけど、めっちゃ高い値段言われたので、タクシー乗りました。

結果、バイタクの言い値の半額でカオサン到着。

バイタクは基本soiと呼ばれている細い道専門なので、遠距離が割高になります
SIMロック解除済みのスマートフォンにタイのSIMカードを使えば、Grabアプリでバイタクやタクシーを手配できます。SIMカードは空港で購入すれば、スタッフさんも慣れてるのでさっさとセットアップもしてくれます。要パスポート。
Grabを使えば、価格は事前に決まっているので、ボラれることは基本ないです。


夜のカオサン通りは、昼間と違って重低音が鳴り響くすごい所でした。

騒いでるのは、ほとんどが欧米人。

深夜になると、踊りながらバケツで酒を回し飲みしてた。

主夫の理学療法士  主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

晩御飯。焼きそばみたいな感じ。

主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

そんな中、なんと虫の屋台発見。

写真撮っていいか聞いたら、10バーツとのこと。

主夫の理学療法士  主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士 主夫の理学療法士

虫でいっぱい!

虫を食ってるとこをYouTubeにアップしてる外人さんがいたので、美味いか聞いたところ「お前も食ってみればわかるぞ」って残り半分になったイナゴを差し出されました

主夫の理学療法士

もう、こうなったら食ったれゃ!と頭からカブリつきました。

 

外人さんから「グッド」と言われました。

味は、、、、?

普通にパリパリしてて美味しくなかった。

主夫の理学療法士

虫食った後、宿に帰ってたら、何とキャプテン ジャック・スパロウ発見!


2018年5月 キャプテンと再会!
前回、一緒に撮った写真見せたらメダルもらった
主夫の理学療法士 主夫の理学療法士


その後、宿に戻り爆睡。

 

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です